どうも プリケツ佐藤です!
皆さんは読書してますか??

読書をするとマインドフルになってなかなか良い状態で仕事に取り掛かれるので出来るだけ読むようにしています。
ただやっぱり本を読むタイミングってなかなか難しいですよね。

読むタイミングが無いから読めないという環境から抜け出すために、今回アマゾンのオーディオブックサービス「Audible (オーディブル)」を使ってみました!
オーディオブックってどうなの??
Audible (オーディブル)の聞き放題は本当にお得なの??

そんな風に感じている人の参考になれば幸いです!

そもそもAudible (オーディブル)って何??

Audible (オーディブル)はAmazonが提供しているオーディオブックサービスです。
オーディブルの最大の特徴は、月額1500円で1ヶ月オーディオブックを何冊でもダウンロードして聴くことができることです。

オーディオブックサービスの中で、聴き放題は今の所このAmazonオーディブルのみなのでたくさん読む人にはもってこいのコスパです。

Audible (オーディブル) の1か月間無料お試しはこちら

Amazonオーディブルの概要
  • 初めの1カ月は無料 ※無料体験後は、自動的に有料会員(月額1,500円)へと移行
  • いつでも退会が可能
  • iOS(iPhone,iPod,iPadなど)、Android、Windows 10端末用のアプリ
  • ビジネス書・自己啓発・小説・英語学習・落語などジャンル多数
Audible (オーディブル)の料金形態
月額 1,500円(税別)
支払い方法 クレジットカードのみ

Audible (オーディブル)の登録手順を開設(iPhoneバージョン)

ここからは実際にiPhoneにAudible (オーディブル)をダウンロードした手順を紹介します。

まずはAudible (オーディブル)のホームページ。
Amazonアカウントを利用できるのでログインすると「○○さん ようこそ!」と出迎えてくれます。

Audible (オーディブル)のアプリをインストールできるのは今のところ、iOSとAndoroid,そしてWindows10搭載の端末です。
スマホやタブレットにももちろんインストールできます。

iOSの場合は、「App store」で、

Androidは、「Google playストア」で、

Windows端末は「Windowsストア」からそれぞれAudible (オーディブル)を検索してインストールします。

Audible (オーディブル)の1か月無料体験の登録!

Audible (オーディブル)は初月1か月間は無料で使えます。
無料体験を試すをクリックして進みます。

Amazonアカウントを持っていない人は、Amazonアカウントを新規作成。
持っている人は、サインインをクリックします。

Audible (オーディブル)の支払い方法はクレジットカードのみとなっています。
Amazonアカウントですでにクレジットカード情報を入力している人はここにクレジットカード情報と請求先住所が反映されます。
クレジットカードを登録していない方はここで入力する必要があります。

注意点として、1か月の無料期間を終えるとそのまま有料会員に移行していくことです。
もしも無料体験期間中に「これからは使わなそう・・!」と感じた場合、退会処理を忘れずに行う必要があります。

Audible (オーディブル)会員登録が済むと登録しているメールアドレスに登録確認が届きます。
ここからは使用していく端末でもあるiPhone上にアプリをインストールしていきます。

iOS版アプリの「App Storeからインストール」をクリック。

App Storeに画面が遷移するので、そのまま入手をクリックします。

無事にiPhone上にAudible (オーディブル)アプリがインストールできました!

Audible (オーディブル)アプリの操作画面解説!

オレンジ色の画面が開きます。

初めてなので、「初めての方はこちら」をクリック。

またAmazonアカウントでサインイン。

画面の説明をざっくりとすると・・
「ライブラリー」はその名の通り本棚です。
ダウンロードした本が収納される場所になります。

「コンテンツ」はおすすめの本やカテゴリーからたくさんの本を検索できる場所です。
虫眼鏡のアイコンをタップすれば直接タイトル名などのキーワード検索もできます。

なんとM-1グランプリのネタも!?
お笑い好きな人にはいいかもしれないですね。

「マイデータ」は自分がどれだけの時間オーディオブックを聞いてきたのかをカウントしてくれる機能です。
こんなたくさんの時間、リスニングしてるやん!おれってすげー!!・・・みたいな気分にしてくれる機能ですね。

「その他」はニュースと設定というのがあります。

ニュースはそのまんま、オーディオブックに関するニュースが流れてきます。

「設定」もみなさんご想像通りで、各種設定ができます。

「テーマ」ってなんだ!?と思ってライト→ダークにしてみたら、

黒い背景になりました。
Amazon Musicの背景画面のようです。
このあたりはお好みですね。

Audible (オーディブル)アプリでオーディオブックをダウンロード

試しに検索窓から・・・
デール・カーネギーの名著「人を動かす」をダウンロードしていきます。

かなり有名な名著なので、検索してヒットしましたがAmazonオーディブルはちょっとラインナップが乏しい印象があるので、ヒットしないタイトルもけっこうあります・・。
まだまだこれから増やしていく感じなんでしょうかね。

クリックするとそのオーディオブックの詳細ページになります。
サンプル音声を聞いて、気になったらライブラリーに追加をクリックします。

「ライブラリーに追加」をクリック。

すると、ライブラリー上に選択した本が表示されます。
この時点ではまだダウンロードされていないので、さらにクリックをしてダウンロードをしていきます。

・・・・

Wifi環境下でダウンロードしましたが、この作品は10時間36分という長さのオーディオブックなので完了するまでに多少時間がかかります。

ダウンロードが完了すると、本の画像の右下にある下向き矢印のマークが消えます。
これでこの作品を聴くことができます。

このダウンロードが完了すると、端末上に保存されている状態なのでWifiにつながっていなくても再生が可能です。

Audible (オーディブル) の1か月間無料お試しはこちら

Audible (オーディブル)アプリの再生画面&機能解説

これが再生画面になります。

再生速度の変更

再生速度は0.75倍から3倍までの7段階に変更が可能です。
マックスの3倍になると、かなり早すぎて私にはよくわかりませんでした・・。
慣れると聞けるようになるんですかね?

目次

かなり長いオーディオブックには必須の目次機能です。
聴きたい場所から聞けるようになっています。

スリープタイマー

寝る前にオーディオブックを聞きたい人向けの機能です。
任意の時間で、音声が止まってくれます。

ブックマーク

ブックマークは任意の場所でメモを記録できる機能です。

右下のブックマークアイコンをタップしてから、再生中の画面をタップすると・・

このようなメモを残せる画面に変わります。
メモは自由に記載できます。
またメモをした部分だけを確認したい場合・・

右上の「・・・」アイコンをタップ。


ブックマークをタップするとすべてのメモが一覧で確認ができます。

これは結構便利な機能ですので、ぜひ活用したいところです。

以上が登録からダウンロード、再生までの解説でした。

率直な感想だと、けっこう使いやすいな~と感じたアプリでした。
ぜひ参考にしてください!

Audible (オーディブル) の1か月間無料お試しはこちら

Audible (オーディブル)で1か月間使ってみて感じた事

実際に1か月の無料体験をしてみて感じたこととして、やはり本のラインナップが少ない・・!ということです。
さすがに書店に並んでいる新刊などは期待していませんでしたが、数年前に流行ったようなやや認知度の高い本もあまりラインナップされていません。

ピンポイントで気になっている書籍を聴きたい人はちょっとおすすめできません。

私が読みたいと思っている本がたまたま検索にヒットしなかったのもあるかもしれないので何とも言えませんが、ずっと月額1,500円を払っていくのは微妙だと感じました。
またダウンロードした本もAudible (オーディブル)を退会してしまうと、手元に残りません。それがちょっと厄介ですね。

Audible (オーディブル)をおすすめできる人は??

私の目的にはちょっと合わなかった・・というのが率直な感想ですが、目的によっては良いサービスなのかもしれないです。

例えば・・

英語学習をしたい人

英語学習をしたい人は、おそらくひとつのオーディオブックを繰り返し聴いたり、あるいはたくさんの英語の本を聴くことでリスニング力などが上がっていくのではないかと思います。
そう考えると、1,500円で英語に触れる量が確保できるので良いのではないでしょうか。

多読多聴で未知のジャンルを開拓したい人

今までの趣味や興味では選ばなかったような本をどんどんと聴いて、自分の枠を拡げていきたい人やジャンルを問わずガンガンと聞いていきたい人はおすすめだと思います。
新着のオーディオブックもどんどんと追加されているので、聴きごたえはありますよね。

繰り返し聴くことで効果を発揮する本

小説などのストーリーがあるものだと、1回聴いたらネタバレ感があるのであまりメリットはありません。
逆に自己啓発などの聴くことでモチベーションが上がるような本、ヒーリング系の本は何度でも繰り返し聴くことで効果を発揮してくれるのでお勧めかな~と思います。

ただ専用アプリの使い勝手は良いのでストレスなく使える点では習慣化しやすいです!

Audible (オーディブル) の1か月間無料お試しはこちら

【多読→多聴で教養アップ】オーディオブックおすすめ4社徹底比較!