冬の乾燥対策に保湿クリームでも買おうかと思ってドラッグストアに行ったところ出会ったのが、アクティブエイジクリーム。

本当はニベアの青い缶を買いに行ったんですが、これが横に並んでいて思わず買ってしまいました。

普通のニベアクリームより価格が高いのですが、「年齢による肌の状態が気になる方に。男のエイジングケア」というのに過剰反応しまったのです。

使い勝手や肌に対する効果はどうなのか??実際に試してみたのでご紹介していきます!

ニベアメンアクティブエイジクリームを使った人たちの口コミ・評判

乾燥でできる小じわが塗るとすぐに消えるので若々しくなるのを自分でも感じます。
髭剃りの後に使ってますが、ピリピリすることもなく肌の調子は良いです。ただ50gであの価格はちょっと高いな・・。
あんまり良さがわからずもともと使っていた安い保湿クリームに戻ってしまいました・・。
洗顔した後に使っていますが、クリームだとやっぱり浸透が悪いので、ローションタイプも併用しています。そうなるとコスパが・・。

アマゾンなどの通販サイトの評価はなかなか高評価でした。ただ冬場はいいけれど、夏場は肌に乗ってる感があって使えない。あるいはコエンザイムQ10などの良さがいまいちわからない・・といったレビューもありました。

どちらにしろ肌質によっても効果の実感には差があるので、気になる人は一度試してみるのもいいかもしれません。

〉〉Amazonの価格はこちら

ニベアメンのアクティブエイジクリームはニベアと何が違う??

もともとニベア育ちの私はとにかく困ったらニベアを使うという青春時代を過ごしてきました。ただイヤだな~と思ってたのが塗った後のあのべたつき。このアクティブエイジクリームはべたつきが少ないようです。

ノーマルニベアとアクティブエイジクリームの効果や目的の違いは??

ニベア

生まれてから、乾燥したらとりあえずニベア・・・

言うまでもなくニベアは家族みんなで、さらには顔以外にも全身に使えるという汎用的な保湿クリーム。

保湿が最大の目的でいかに肌にやさしく潤いを与えるか・・?を考えられたクリームです。

成分はスクワラン・植物性天然保湿成分ホホバオイル配合。ここだけ聞くと天然系のクリームに思えますが合成成分ももちろん配合されています。

ニベアの成分
水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

ニベアメンアクティブエイジクリーム

アクティブエイジクリームはニベアと比べると価格も高いです。その分、保湿力が高く、なおかつシミ対策もできる成分が入っています。

目的にも、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。肌にハリ・ツヤを与え、乾燥による小じわを目立たなくします。と保湿だけが目的のニベアよりも美容効果を高めています。

洗顔後には使うのであれば本当はメンズ向けの化粧水を使ってからこのクリームを使うとより保湿効果が高まります。
というのも、油分が多いので肌への浸透力は化粧水に劣るからです。

ニベアメンアクティブエイジクリームの成分
トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、水、グリセリン、ジメチコン、流動パラフィン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、セタノール、親油型ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG、ミリスチン酸ミリスチル、ユビデカレノン、加水分解ヒアルロン酸、クエン酸、水酸化ナトリウム液、カルボキシビニルポリマー、ステアリルアルコール、エデト酸塩、フェノキシエタノール、パラベン

コエンザイムQ10やヒアルロン酸、それから美白に効果的なトラネキサム酸が入っています。女性向けの高保湿化粧品によく含まれる成分ですので、ガチでプラスαな保湿をしたい人には間違いなくアクティブエイジクリームがおすすめですね。

ニベアメンのアクティブエイジクリームを使ってみます!

中を開けてみると、私の知っているニベアクリームよりも緩めですね。

こんな感じ・・

伸ばすときにはダンゼンアクティブエイジクリームのほうがのばしやすいです。

左:ノーマルニベア 右:アクティブエイジ

ニベアクリームは伸ばすのがけっこう大変だったんですよね。

しかも量を間違えると、顔白くなって恥ずかしいし・・。

塗った後のべたつき感は???

塗った後のべたつき感は、ニベアが100%だったとすると、アクティブエイジクリームは60%程度でしょうか。サラッとべたつかない・・と書いてありますが、べたつきは感じます。

で、塗った後しばらく経ってからもややべたつき感が残ってる感じです。もしかすると肌がしっとりしているのをベタベタしているのと勘違いしているのかもしれませんが・・。

この点、普通のニベアクリームのほうがしばらく経ってからのべたつきは少ないように感じます。

シミ・そばかすを防ぐ効果は・??

正直、まったくわかりません。

シミもここ1,2年で多少濃くなってきた部分がありますが薄くなることは今のところありません。

予防的な感覚でしょうね。

ニベアアクティブエイジクリームを塗った後の変化は??

妻の持っている水分量チェッカーを拝借して、数値を見てみました。もともと乾燥肌気味なので、塗る前の数値はよくない模様・・。

塗る前の数値

弾力 水分 油分
いまいち 26% 40%

平均値がわかりませんが、赤いディスプレイになるとあまり良くないようです。男の肌は水分よりもやっぱり油分のほうが多いというのは本当ですね。

塗った後(直後)の数値

弾力 水分 油分
普通 33% 49%

塗った直後に計ってみると、ディスプレイも緑色のセーフゾーンに。水分が7%アップ、油分が9%アップしました。

6時間後

弾力 水分 油分
いまいち 30% 46%

結局のところ、直後はどんなスキンケアアイテムでもいい数値が出ます。6時間後に計ってみると、水分がマイナス3%、油分もマイナス3%

12時間後

弾力 水分 油分
いまいち 27% 42%

さらに12時間後・・・。冬で暖房をつけた部屋にいたこともあって、水分と油分はどんどん奪われていきます。

ただクリームを塗らなかったらもっと肌が乾燥していると考えると、男もクリーム塗らないとダメですね。

塗った直後から12時間後までの変化まとめ
弾力 水分 油分
塗る前 いまいち 26% 40%
塗った直後 普通 33% 49%
6時間後 いまいち 30% 46%
12時間後 いまいち 27% 42%

まとめ

使ってみて感じたことは、たしかに保湿力は高いと思います。塗った直後は、肌のツヤが良くなるので急に健康的な顔色になった気分です。

ただ、ノーマルなニベアよりもべたつきは少ないのですが、アクティブエイジもべたつきが少し気になります。感覚的に少し嫌だということもありますが、べたついているとホコリとかが顔について黒ずむんですよね。

なので、これを使った日の夜もしっかり洗顔料を使って顔洗ったほうが良いと思います。シミに対してはよくわからないので使い続けてみてどうか・??というところです。

秋冬の季節は保湿もできて良いと思いますが、夏にはちょっと顔が重たい感じがするのであまり向いてないかもしれないです。